昼の長さ、夜の長さ。


やはり東日本大震災後でしょうか。
日々どんなことがあっても、陽や
月は昇りそして沈んでくれ、あり
がたいなぁと実感するようになっ
たのは。

地元の夕刊紙に掲載される暦で、
日の出や日の入り、月の出や月の
入りを見るようになりました。

今年は3/17に、福島県いわき市平
では、昼夜がちょうど12時間ずつ
となったようです。

20140323-080032.jpg
ぴったり12時間ずつにならない
こともあるようです。それだけに、
より気持ち良く感じたのでした。

皆様、いつもありがとうござい〼♪