風呂敷の包み職人でもある、呉服處 根本(福島県いわき市)の店主のブログ : 思い返してみると… 祖母も


風呂敷でいちばん印象に残っているのは、

祖父が背中に背負った大きな風呂敷包み。

でも思いを巡らせてみると…

家族それぞれが風呂敷を愛用していた

光景が、蘇ってきました。

祖父と同じく、明治生まれで和服しか

着なかった祖母。

初孫だった私は、祖母に可愛がられ

よく一緒に、晩ごはんの材料などを

買いに出かけました。

その時に祖母が持っていたのが風呂敷。

バッグとして使ってたんですね。

IMG_3572.JPG
ありがとうございました♬