風呂敷伝承師でもある、呉服處 根本(福島県いわき市)の店主のブログ : 男雛と女雛の飾り方


「男びなと女びなをどちらに飾るのが
正しいのですか?」という質問を、
よくいただきます。
果たしてどうなのでしょうか?

古来、日本と中国では
「左(向かって右)が格上」と考えられて
きました。
(以後、左とは向かって右、右とは
向かって左とお考え下さい)

左大臣のほうが右大臣より上位、
舞台における左側(向かって右側)を
上手(かみて)、右側(向かって左側)を
下手(しもて)と呼ぶことなども、
その例でしょうか。

そのため天皇陛下が左側、皇后陛下は
右側に並ばれてきました。
よって大正時代までは
ひな人形も左側に男びな、右側に
女びなが飾られてきたのです。

(null)
一方、欧米やアフリカ、南アジアなどでは、
「右が格上」と考えられてきました。
明治維新を迎え、西洋技術を取り入れ、
近代国家への道を歩み始めた日本は、
多方面で西洋式にならうようになった
のです。「右が格上」の考え方も
その一つです。

宮内庁の記録によると、最初に
天皇陛下が右に並ばれたのは、
1874年(明治7年)元日、各国大使への
新年あいさつの時でした。
その後、昭和天皇の即位の礼(1928年)で、
天皇陛下が右側に並ばれると、
東京の人形組合がこれにならい
“右(向かって左)が男びな”に改めたと
いうことです。

(null)
その後この東京方式が広まり、
現在では、“右(向かって左)に男びな、
左(向かって右)に女びな”が全国的です。
しかし京都市を中心に、古来からの
“左(向かって右)が男びな、
右(向かって左)が女びな”を守っている
地域もあるのです。

「どちらが正しいということはない」
これが正解でしょうか。

当店では可愛らしいちりめん飾りや
風呂敷タペストリーをご紹介しております。
お手頃なお値段でもありますので、
ぜひ店や催事にてご覧下さい。

当店の各イベントの詳細は
毎回、フェイスブックページで
イベントページを作成しておりますので
フェイスブックを登録している方は
以下、当店のページへ“いいね!”をお願いします↓
https://www.facebook.com/wa.nemoto

また、LINE@でもさまざまな情報を
発信しておりますので、
ご登録をお願いします♪
友だち追加

皆さま、ありがとうござい〼(^o^)
ーーーーーーーーーーーーーーー
呉服處 根本
〒970-8026
いわき市平字大町6-3
TEL/FAX:0246-23-2253
http://www.wa-denshou.co.jp/
呉服処 根本のFacebookページ
https://www.facebook.com/wa.nemoto
ーーーーーーーーーーーーーーー