風呂敷伝承師でもある、呉服處 根本(福島県いわき市)の店主のブログ : 【作務衣と甚平】その弐 《甚平の変遷》


《甚平の変遷》
通説などもあり、全く正確ではありませんが、
私の考えも含め、記してみます。

大まかに言うと、年代順に
①「ちゃんちゃんこ」のような型(写真 右下)
②現在の「甚平」上衣と同じで、丈の長い型
③上衣と下衣(パンツ)の現在型
となるでしょうか。

①の型が、武士の陣羽織(写真 右上)と
似ていたので、“じん”の音が残り、「甚平
羽織」と呼ばれたようです。しかし、①は
着物などの上に着る品。そこで、それだけ
で着る型に改良されたのではと思います。

それが②であり、現在の「甚平」(写真 左)
の上衣と同じような型です。丈(長さ)は膝下
ほどまで、下衣(パンツ)はないタイプ。

②が時代の流れで改良され、上衣の丈が
短くなり、下衣(パンツ)も付いたのが現在
の型といえるでしょうか。

甚平の変遷 2016.7.19

着物しか着ない祖父が、夏は甚平を着て
いたのを思い出しました。②の型でした。
下(パンツ)はなかったので、ステテコを
身につけていましたっけ。懐かしいなあ。

当店の各イベントの詳細は
毎回、フェイスブックページで
イベントページを作成しておりますので
フェイスブックを登録している方は
以下、当店のページへいいね!お願いします↓
https://www.facebook.com/wa.nemoto

また、LINE@でもさまざまな情報を
発信しておりますので、
ご登録をお願いします♪
友だち追加

皆さま、ありがとうござい〼(^o^)
ーーーーーーーーーーーーーーー
呉服處 根本
〒970-8026
いわき市平字大町6-3
TEL/FAX:0246-23-2253
http://www.wa-denshou.co.jp/
呉服処 根本のFacebookページ
https://www.facebook.com/wa.nemoto
ーーーーーーーーーーーーーーー