風呂敷伝承師でもある、呉服處 根本(福島県いわき市)の店主のブログ: 風呂敷の歴史 其の壱


私たちが風呂敷と呼んでいる布は、
見方によれば「ただの一枚の四角い布」です。

IMG_6047.JPG

それをどうして風呂敷と呼ぶようになったのか、
いかに様々な使い方をするようになったんでしょうか?

そこで布について考えてみました。

日本で布を織り始めたのは縄文時代で、
弥生時代に原始的な織機が普及したようです。
原料は麻、葛、楮、藤などの植物で、
主な用途は“服”でした。

そして、知恵のあるのが人間です。
しだいに採った木の実などを広げた布に置き、
くるんで運んだりしたのではと思うのです。

こんな時代から“風呂敷”とは言わなくても
使い方はあったのではと思いを馳せるの
でした。

これから“風呂敷の歴史”について、
考えてみたいと思う店主です。

皆様、ありがとうござい〼(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーー
呉服處 根本
〒970-8026
いわき市平字大町6-3
TEL/FAX:0246-23-2253
http://www.wa-denshou.co.jp/
呉服処 根本のFacebookページ
https://www.facebook.com/wa.nemoto
ーーーーーーーーーーーーーーー