風呂敷伝承師でもある、呉服處 根本(福島県いわき市)の店主のブログ : 風呂敷の歴史 其の九


昭和30年(1955)頃から始まった
高度経済成長により、国民所得は
増え続け、昭和45年(1970)頃には
世界第2位となりました。

すると社会では『消費は美徳』という
風潮が広まり、洋風な品を好む傾向と相まって、風呂敷の需要は減って
しまい、鞄やバッグなどが主流になったのです。

こういった考えや好みは、バブル経済
(1986〜1991)が崩れた後もなかなか
ぬけず、平成9年(1997)に“地球温暖化
防止会議”が京都で開催されるに至り、
やっと意識が変わっていったようです。
ーーーーーーーーーーーーーーー
呉服處 根本
〒970-8026
いわき市平字大町6-3
TEL/FAX:0246-23-2253
http://www.wa-denshou.co.jp/
店主のブログ
http://www.wa-denshou.co.jp/wp/blog/
ーーーーーーーーーーーーーーー