風呂敷伝承師でもある、呉服處 根本(福島県いわき市)の店主のブログ : 風呂敷の歴史 其の十


バブル経済(1986〜1991)が終わり、
平成9年(1997)に“地球温暖化防止
京都会議”が開催されると、環境に
やさしい“風呂敷”に注目が集まる
ようになりました。

また平成17年(2005)からマータイさん
(ケニアの環境活動家)が「もったいない」を「MOTTAINAI」として世界に
発信して下さると、その象徴のように
“風呂敷”への感心が、さらに高まった
ようです。

そして新たな素材の商品開発も進み
ました。
ペットボトルをリサイクルした繊維
で織った風呂敷、水をはじく加工を
した繊維で織った超撥水風呂敷などが
その例です。

(null)
“風呂敷”に元気が出てきたと言っても、
最盛期には及びません。
これからも「風呂敷講座」などを
地道に行ない、皆様に普段使いして
いただけるよう努めていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
呉服處 根本
〒970-8026
いわき市平字大町6-3
TEL/FAX:0246-23-2253
http://www.wa-denshou.co.jp/
店主のブログ
http://www.wa-denshou.co.jp/wp/blog/
ーーーーーーーーーーーーーーー